理念

  • こどもの「豊かな生きる力」を育てる

方針

  • こどもの健康、安全、安心を考慮しつつ、成長と個性に対応した多様性のある保育を行う。
  • こどもの目線で豊かな愛情を持って、一人ひとりの気持ちをしっかり受け止め、その主体的な活動を育む。
  • こどもを中心に考え、家庭や地域との信頼関係を築き、人や物との関わりを大切にする。

保育の目標

  • 健康な体と豊かな感性を育て、生命の保持と情緒の安定を図り、意欲的な生活をできるようにする。
  • 生活に必要な基本的な週間や態度を養い、自立して生活できるよう「生きる力」の基礎を養う。
  • 基本的な運動能力を養い、積極的に運動する態度を身につける。
  • 自然や社会の事象に触れて、興味や関心を育て、環境への関心の芽生えを培い、相手の人権を尊重することや、思いやりの心、社会性を育てる。
  • 園での、積極的な遊び、ともだちのふれあい、生活を通じて、豊かな感性を身に着け、感じたこと、考えたことを表現する意欲を育て、仲間に伝える喜びや創造性を培う。

めざすこども像

  • あいさつができるこども
  • 思いやりの気持ちをもつこども
  • 善いことと悪いことがわかるこども
  • よく遊び、よく考えるこども
  • 自分の言葉と行いに責任をもつこども
  • 自然と生き物を大切にできるこども